ECサイトのソーシャルメディア戦略

ECとは、Electronic Commerce の略で、電子商取引のことです。インターネット上で物を売ったり買ったりし、代金の決済までを行うことを指して言い、eコマースとも呼ばれています。

2016年6月に経済産業省より発表された、2015年度の日本国内におけるEC市場は、BtoBで196兆円、BtoCで13.8兆円。前年比の伸び率は、BtoBで3.5%増、BtoCで7.6%増となりました。
すべての商取引に占めるEC取引(電子商取引)の割合を、「EC化率」と呼びますが、国内では、BtoBのEC化率が18.3%、BtoCのEC化率が4.37%と、日本のEC市場がいまだ成長段階にあり、今後ますます伸びていくことを表していると言えます。

企業がECサイトを運営し、売上を確保していくためには、もはやソーシャルメディアの活用は必須となっています。しかしそのソーシャルメディアを具体的にどう取り扱い、実践していくべきか、それは企業の業種・業態・アイデンティティなどによって向き不向きがあるため、各社トライ&エラーを繰り返しながら独自の手法を編み出し、それを掴んだ企業だけが成果の実感を得ているという状況のようです。

(※ NTTコムリサーチが『国内企業におけるソーシャルメディア活用状況』に関する調査を実施。8割以上の企業が「ソーシャルメディアの運用は売上増加に効果があり」と感じていると発表した。)

ソーシャルメディアを活用するうえでもっとも重要なことは、コンテンツマーケティングの実施であると言えます。
コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益で説得力のあるコンテンツを、持続・継続的に制作・配信することによって、検索エンジン経由での集客効果を高めるウェブマーケティングならではの手法です。従来のPUSH型マーケティングに対し、PULL型マーケティングと呼ばれています。

PULL型マーケティングの本質は、即時・一時的な集客や成果を求めるものではなく、その見込み客や潜在顧客との中長期にわたるコミュニケーションを実践することに注力し、最終的に購買や企業ブランドの周知・拡大を目指すものです。ただ単純に、サイト内に良質なコンテンツを配置しておくというだけではなく、ソーシャルメディアの拡散能力を最大限に活用することが、コンテンツマーケティング成功の重要な施策であると言えます。