3C分析に基づいた戦略コンテンツのすすめ

マーケティング手法は様々ありますが、コンテンツマーケティングを考えるうえで一番扱いやすいのは、3C分析ではないかと思います。3C分析とは、顧客=Customer、自社=Company、競合=Competitor の3つの“C”を明確にして、そこから顧客の求める価値=ベネフィットは何で、それを自社が競合より優れたものとしてブラッシュアップできるか=差別的優位点を見つけ出す、この2点を絞り込むための分析方法と言えます。

この「ベネフィット」と「差別的優位点」の2つを顧客に伝えるこができれば、顧客は企業が提供しようとする商品やサービスが、自分にとって最適なものであるということを最短距離で認識することが可能となります。これらのことを前提としたうえで制作するコンテンツを、マーケティング用語で「戦略コンテンツ」と呼んでいます。

ほとんどの企業や組織、お店がウェブサイトを持つことが当たり前になった現在、ウェブ黎明期のようにウェブサイトがあるだけでサイトへの訪問数が増え、売上があがるというような時代ではなくなりました。

顧客やユーザーは、それぞれのウェブサイトに掲載されている情報を簡単に比較検討し、自分の条件に適した商品やサービスを選択することができます。
現在は、サイト存在の有無ではなく、商品やサービスそのもの、ウェブサイトに掲載されているコンテンツの良し悪しが、売上に大きくかかわるようになりました。それに連れて、ウェブマーケティングにおいても、即時的な広告表示よりも、コンテンツの在り方が重要視されるようになってきました。

コンテンツ作りには手間と時間がかかります。それは広告を出稿することや、過去に効果のあったSEO対策などに比べて、歴然とした差があります。それでも、それを無視してウェブサイトを運営しようとすることは、今後増々リスクとなっていくことでしょう。

競合の後追いをするようなコンテンツ制作や、戦略や企画のない、成果に結びつかないコンテンツ作りを続けるのではなく、3C分析を使い、「ベネフィット」と「差別的優位点」を明確にして、そのゴールに向けた“真に顧客を満足させることのできるコンテンツを制作”することが、ウェブサイトで持続継続的に成果を上げていくための必須条件となっていくことでしょう。