ウェブ・プロモーションの効果

ウェブ・プロモーションとは、従来までの4マス広告(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)が注目度を失いチカラをなくしていくなかで、単純な広告に代わって販売促進を展開する、ウェブを使ったあたらしいPR(プロモーション)活動です。

ウェブ・プロモーションは、ウェブマーケティングのなかでも、最も移り変わりの激しい分野と言えます。次々とあたらしい手法が登場し、古い手法のなかにはすぐに廃れ、機能しなくなるものまであります。
常に最新の情報を把握しておくことが必要である一方で、あたらしい手法に目移りばかりしていると、いつまで経っても効果が出ないといった悪循環に陥る恐れもあり、扱いがとても難しい分野とも言えます。

重要なことは、それぞの手法についての本質を論理的に理解することです。
時代に流れる様々な要素を組み合わせ、その本質を把握することで、企業の提供する商品やサービスが、どの手法に適しているのか、またそうではないのか、客観的に検討することができます。

ウェブ・プロモーションは、商品やサービスに関連するウェブコンテンツを作り、ユーザーにどう届けるかまでを戦略的に設計することで、コストを掛けずに大きなプロモーション効果を生もうという施策です。
従来のように多大な広告費を投入するようなことはせず、自然な口コミや共感した誰かのソーシャル上のシェアによって、情報を拡散することを目的にしています。最先端のトレンドを的確に捉え、話題になりそうなアイディアや企画力を投入して展開することで、企業目線で発信された単純広告には及ばない、大きな効果を上げる可能性を含んでいます。