ウェブマーケティング用語①

■ROVサイクル
企業や商品・サービスの現状を調査し、その調査結果をもとにしてプロモーションを行い、実施したプロモーションの効果を検証、次のプロモーションを考えるという恒常的な施策。ロブサイクルとも呼ばれる。Reserch(調査)、Operation(プロモーション活動)、Validation(検証)

■A/Bテスト
ウェブページの一部分、またはページそのものをAとBの2パターン用意し、どちらがより効果の高い結果が得られるかを実験する方法。 スプリットテスト、スプリットランテストとも呼ばれる。AとBの2種類だけでなく、複数のパターンを組み合わせて行うテストを多変量テストと言う。

■CVR(コンバージョンレート)
Conversion Rateの略。ウェブサイトの訪問者数に対する、企業の設定したゴールに到達した人の割合。設定するゴールは、商品の購入、会員登録、資料請求、問い合わせの他、特定の広告のクリック数なども含め様々。

■SERPs(サープス)
Search Engine Results Pages の略。検索結果一覧ページのこと。オーガニックサーチと呼ばれる自然検索順位の他に、検索連動型広告の部分も指す。

■AIDMAモデル
従来のマーケティングにおいて、消費者が企業の提供する商品やサービスを知り、購入に至るまでの心理と行動のモデルケース。Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲望)、Memory(記憶)、Action(行動)

■AISUSモデル
ウェブマーケティングにおいて、消費者が企業の提供する商品やサービスを知り、購入した後にその体験を共有(シェア)するまでの心理と行動、循環のモデルケース。Attention(注意)、Interest(関心)、Search(検索)、Action(行動)、Share(共有)

■広告
商品やサービスの購入をダイレクトに促そうとする行為

■広報(PR)
商品やサービスに加え、それを展開する企業や、事業全体の訴求を行う行為

■4P理論
マーケティングを、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通経路・場所)、Promotion(販売促進)の4つのステージに分類する考え方

■4C理論
4P理論を顧客目線から見直し、Customer Value(顧客にとっての価値)、Customer Cost(顧客が費やすお金)、Convenience(顧客にとっても利便性)、Communication(顧客とのコミュニケーション)に分類する考え方