関連キーワードの捉え方

検索エンジンのなかで、日本で高いシェアを占めるGoogleとYahoo!ですが、実は両者のプログラムは2010年にGoogle検索エンジンで統一されています。つまり、現在ではGoogleで検索してもYahoo!で検索しても、表示される検索結果に大きな差はないということになります。

GoogleやYahoo!を使って検索すると、検索エンジンは検索されたキーワードと関連性の高いキーワードを自動的に表示する仕組みになっています。サイト構築を考えるうえで、どのキーワードを選定するかがとても重要ですが、検索エンジンによって自動的に吐き出される関連キーワードを含めたコンテンツ制作を目指すこともまた、アクセスを伸ばす有効な手段となります。

前述した通り、2010年以降、GoogleとYahoo!は同じGoogleの検索エンジンを使っているのですが、この関連キーワードの表示に、両者間で相当な違いのあることがわかります。これは、関連キーワードの選定を行うプログラムの判定基準(価値観)が大きく違うためなのですが、突き詰めれば両者の“検索”というものに対するポリシーの違いから生じているものと言えそうです。

Yahoo!では、ある一定の時間枠の間に、ユーザーがあるキーワードと同時に検索されたキーワードを、関連キーワードとして抽出し表示します。ですから表示される関連キーワードは、時流やトレンドの影響が強く反映された内容となります。

一方Googleでは、ウェブページ上にあるキーワードと同時に出現する頻度の高いキーワードを、関連キーワードとして抽出し表示します。Yahoo!と違ってユーザーの検索回数はあまり問題ではなく、実際にウェブ上に掲載されている情報量そのものに注目していると言えます。

ユーザーの動き=トレンドを重視するYahoo!と、ウェブ上に存在する情報の総量を重視するGoogle。トレンドと情報量のどちらが真に、ユーザーの要求に応えるに値する情報であるか、その考え方やポリシーの違いが、関連キーワードの抽出・表示結果の違いに現れています。

上記を踏まえると、Yahoo!の関連キーワードにネガティブワードが表示されているのはもちろん危険な状態ではあるのですが、それが話題として一過性のものであれば、時間が経過することによって沈静化するケースもあるのに対し、Googleの補助キーワードにネガティブワードが表示された場合は、実際にそのような情報が掲載されたページが大量にウェブ上に出回っていることを指しますので、ウェブマーケティングの視点からは極めて危険な状態ということになります。