4P理論と4C理論

マーケティングに於けるスタンダードな理論の1つに、4P理論と呼ばれるものがあり、これはマーケティングを、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通経路・場所)、Promotion(販売促進)の4つのステージに分類する考え方です。
この4P理論をウェブマーケティングに応用することを考えたときに、ネット以外の従来の媒体で展開するときとは、すこし違った考え方や施策をしていくことが必要となり、そこがウェブマーケティングを成功させるための重要なファクターとなります。

例えばProduct(製品)で言うと、競合他社の展開する商品やサービスをネットを使って充分に調査し、そのうえで自社製品の方向性や売り方を考えるヒントにしていくことが必要となります。またPrice(価格)においては、口コミや比較検討されやすいネット上の特質を充分に理解したうえで、最初の価格決定を慎重に行う必要があると言えます。
ウェブマーケティングでは、一般のマーケティングと比較して、各種の情報経路を把握しやすく、数値化されたデータに基づくより客観的で理論的なアプローチが可能になります。

上記4P理論のあわせて考えなければならない理論として、4C理論というものがあり、これはマーケティングを、Customer Value(顧客にとっての価値)、Customer Cost(顧客が費やすお金)、Convenience(顧客にとっての利便性)、Communication(顧客とのコミュニケーション)の4つのステージに分類、考察します。
前述の4P理論と補完関係にあり、この2つの理論を組み合わせて考えることで、よりユーザー視線にあった、顧客中心のアプローチが可能になると言えます。

これら2つの理論を活用することで、提供しようとする商品やサービス、それを後押しする各種戦略の曖昧さや漏れを事前に防ぐことができます。
具体的なターゲットと自社のポジションをしっかりと設定し、4P理論と4C理論のフレームワークを活用し、顧客目線にあった効果的なマーケティングを展開することが重要です。