SEO対策について

より多くのユーザーをサイトに誘導するための施策として、一番代表的なものは「SEO(検索エンジン最適化)対策」でしょう。
SEO = Search Engine Optimization とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン(検索サイト)に於いて特定のキーワードで検索した際に、展開するウェブサイトを上位表示させるための施策のことで、基本的に即効性はありませんが、ウェブサイトに対し定期的に新しい情報を加えたり、ページ構成を整理したり、システムそのものをブラッシュアップしていくことで、検索エンジンに対する信頼度性を上げることができ、結果としてユーザの自然流入を増やすことができます。

検索エンジンが個別に定めるルールは、それを運営する企業が独自に決定しているため、断定的なことは言えませんが、ウェブ自体が成熟期を迎えるに連れ「検索エンジンを利用するユーザーにとって、より良いウェブサイトをより上位に表示する」傾向が顕著になっています。検索エンジン最大手であるGoogleもそれを明言していますし、その情報処理精度は年々上がって来ています。裏を返せば、過去に横行した小手先の技術や、スパム行為かそれに近いような施策でのSEO対策は、既に通用しなくなっている、ということを意味します。

SEOのルールを構成する要素は多岐に亘り、検索順位を規定する計算式(=アルゴリズム)は複雑なものとなります。また、検索結果の固定化を防ぐためにこの判断の基準は常に改変され、完全に非公開となっています。とはいえ、SEO対策自体はそれほど難しいものではありません。前述のようにGoogleは、ユーザーが入力した検索キーワードに対して、より良いコンテンツを検索結果として返すことでユーザーの満足度を高めること、それを至上命題としています。つまりある目的を持って検索をするユーザーにとって、より質の高い情報を投げ返すウェブサイトにしていくことが、現時点で最も安全で最高のSEO対策である、と言えます。