ウェブマーケティングとは

ウェブマーケティングとは、ウェブサイトやウェブサービスを用いて行われるマーケティングのことを言います。
リアルタイムにより近い施策が可能で、比較的低コストでトライ&エラーを繰り返し行えるのが特長です。
どのようなユーザーが、どのような経路で、展開するウェブサイトやウェブサービスを訪れ、どのページを、どのサービスを、何秒、何回閲覧したか、どこで離脱したか。リピート率はどうか。ウェブサイト運営や、投じた施策の結果を、すべて数値によって把握・管理できるのが、他の媒体との大きな違いと言えます。

ウェブマーケティングの方法は、大きく次の3つの施策に分けられます。
①集客施策:より多くのユーザーをサイトに誘導するための施策 ②接客施策:サイトを訪れたユーザに、購買・資料請求・問い合わせなど、目的とする特定のアクションを促すための施策。ユーザーの動向や嗜好を調査する施策もこれに含まれる ③再来訪施策:一度サイトを訪問したり、購買・資料請求・問い合わせなどを行ったユーザーに対し、リピートを促すための施策

上記の通り、ウェブマーケティングでは、施策の効果や費用などをすべて数値化することが可能であり、それによって施策の検証をすることができます。施策の意思決定から実行までに時間を要さず、低コストで導入・開始することが可能です。よって、予算の少ない企業でも、効果のでやすい施策から始めることができます。ターゲット一人ひとりを対象として施策を行うことができるため、無駄が少なく、従来の手法よりもコスト効率に優れているのです。

インターネット市場を調査している経済産業省では、個人向けのインターネット市場を9.5兆円、企業間取引については262兆円とし、その規模は年々拡大していると報告しています。