口コミ効果について考える

多くの企業がSNSによって成される口コミ効果に注目し、SNS内で自社商品のブームを起こそうと対策を行っていますが、SNSは評価を製造するスペースではなく、既にある程度固まって存在する評価を、爆発的に拡散させるためのスペースです。
ここを取り違えると、コストと時間をかけてもなかなか成果が上がらないといった状況に陥る可能性があります。

企業、商品、サービス、ブランドに関する口コミを意図的に広めるPR手法として、バイラルマーケティングがあります。既存のユーザーや有名人などにインセンティブを設けたり、種々の工夫を凝らして、その商品やサービスを周囲に紹介・宣伝してもらうといった手法です。
これは情報発信者に、同じ消費者という立場で、実際にその商品・サービスを利用した経験や感想をインターネット上に発表してもらうことで、他の消費者にとって普段触れ慣れている一般的な広告とは違った、目線を合わせた意見、公正な情報として信頼を得られる効果が期待できます。
またbuzzマーケティングという手法も、バイラルマーケティングと同様、口コミを意図的に広めるためのPR手法ですが、口コミを発生させるために、企業側がより積極的に踏み込んで、意見や発言の誘導までを行います。
これらはいずれも程度が過ぎると、“ヤラセ” や “ステルスマーケティング” と判断され、プロモーション企画だけでなく、商品や企業のイメージにまで深刻な影響を与える可能性があり、取り扱いには特に注意が必要です。

ウェブマーケティングでは、巨額の資金を投入してテレビCMを流し続けるなどといった、ある種パワーゲームのような手法によってユーザーに強く働きかけるタイプのPRはできません。いつ、どのウェブサイトの、どのページを閲覧するかは、全面的にユーザーの選択に委ねられているからです。そのため、ウェブマーケティングにおけるイメージ戦略は、ユーザーの一つひとつの発言や評価がとても重要になります。

SNSやウェブサイトを使った口コミ効果の創出とその継続は、流動的で気まぐれなユーザーの嗜好と思考をつぶさに観察しながら、その時々のベストな方法を模索していく必要があります。