ホワイトハットSEO

企業がSEO対策に取り組む目的は、検索を通じてビジネスを成長・成功させるためです。
ある企業がウェブサイトの活用・運営に着手し、特定の商圏に関連するキーワードでSEO対策を始めれば、それを実施していない他の競合は、相対的に必ずGoogleの検索ランキングで下位に押しやられます。
費用をかければ広告を出稿することはできますが、資金が尽きてしまえば当然、ネット上から消えてなくなります。

SEO対策を、ウェブサイトをビルドアップし続けていく目的を持って実施できれば、その成果は広告のように即時限定的なものではなく、継続的に積み上げられていく成果となります。ここで重要となる考え方は、SEOを「費用⇔収益」ではなく、「投資⇔資産の蓄積」と考えて取り組むこと、と言えます。

SEO対策と聞くと、ページ内にキーワードを乱発したり、リンクを強制的に集めたりといった、いわば技術的な施策を思い浮かべる方もいると思いますが、そうした小手先で実施可能なSEOは、『ブラックハットSEO』と呼ばれ、2011年くらいまで横行し、それなりに効果があったためにそれを専属で請け負う業者も存在しましたが、Googleの検索アルゴリズムの成長によって現在ではほとんど効果を成さなくなりました。
Googleが『ブラックハットSEO』を除外したのは、極論を言うとそれがそもそもGoogleを欺くための手法であり、検索しようとするユーザーの利便性とは無関係のものであったためです。

誰もが無料で使えるGoogleの、収益の大部分は広告収入によるものです。検索されるキーワード=ユーザーの期待に対し、より良質で精度の高い情報を返すことがGoogleの存在意義であり、多くのユーザーの利便性を高めることになります。それがすなわち、Googleがより多くの広告を集め、シェアを拡大していくための大きなアドバンテージになるのです。
『ブラックハットSEO』は、そうしたGoogleの目的や指針を大きく阻むものであったと言え、それが駆逐されるのは当然の流れと言えるでしょう。現在、Googleを欺くためのコストは上昇する一方で、得られるリターンは限りなく小さくなっています。

上記を踏まえて解るように、最も有意で価値のあるSEO対策は、検索をするユーザーにとって良質な情報を、持続継続的に提供することだけだと言えます。そうしたウェブサイトがGoogleからの信頼を受け、またその精度の高い情報がSNSなどのツールによって拡散・共有され、更にアクセスを集められるといった好循環を生む、いわばユーザーのニーズに最大限に応える施策だけが、有効なSEO対策と言えます。

しかしただ情報だけを詰め込んでいけばいいかと言えば、それも時代の流れによって変化をしていき、現在、SEO対策を効果的にビジネスの成長に繋げていくためには、デザイン、サイト設計、ユーザビリティ、マーケティング、ブランディングといった様々な要素にメスを入れ、総合的で持続継続的なブラッシュアップを、常に行っていく必要があると言えます。