アフィリエイトプログラムについて

アフィリエイトとは、個人が自分の運営するホームページやブログ上で、企業の提供する商品やサービスを紹介し、その記事やコンテンツを見たユーザーが、実際に企業の商品やサービスを購入した際などに、紹介者が報酬(広告収入)を受け取ることのできる仕組みです。

広告を出稿したい企業と、自社のサイトに広告を掲載することで収入を得たいと考えるホームページ・ブログ運営者が提携する仕組みですが、企業と運営者が直接契約を結んだり、出稿データや報酬のやり取りをすることはなく、アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)と呼ばれる広告仲介業者を通して行われることが主流です。

企業にとっては実際の購入や申し込みなど、成果が出たものに対してのみ報酬(=広告費)を支払う、いわゆる成果報酬型であるため、上手く活用できれば費用対効果の高い広告となります。
アフィリエイトを行う個人=アフィリエイターにとって、魅力的ととれる商材・サービスを提供できれば、広告掲載費を支払うことなく、商品・サービスの拡散がほとんど負荷なく行えます。商品・サービスに目新しさや訴求性があれば、アフィリエイターの書く記事からSNSなどを通じて、不特定多数の人や企業に認知・拡散される可能性もあります。

ネット上に存在する多くのホームページやブログに、商品やサービスの広告を無料掲載できるメリットがある反面、その掲載面の把握や制御が難しいという側面もあり、商材によっては注意が必要です。

ASPを通し、サービス利用の設定で、どのようなジャンルのホームページ・ブログなら掲載してもいいか、広告を出稿する企業側でホームページ・ブログを確認してから提携を承認する、など、各社制限を選択できるオプションがありますので、必要に応じて検討する必要があります。
あまり制限を強くしてしまうと、アフィリエイトプログラムを活用する効果自体が薄れてしまいますので、企業にとっては柔軟な対処が求められると言え、あまり短期的な広告運用には向いていないとも言えます。